inhouseHISANAGA

社員紹介

TOP / 社員紹介

卸売部

写真

お客様のために自分が出来ること。

(鹿児島営業所 2015年入社 梶居俊宏)

生まれ育った町が大好きなので、鹿児島勤務の営業職を希望しました。
就職セミナーでは社長みずから熱い想いを語ってくださり 「この会社で一緒に仕事がしたい!」と思いました。
学生時代からバレーボールで汗を流してきましたが(現在も社会人チームでプレー)、 組織や会社においてもチームワークが大切だと考えています。
自身の目標(地域で一番の営業マンになること)はもちろん、
仲間のこと、営業所のこと、そして会社全体のことをトータルに考えながら仕事に取り組んでいます。
現在は北薩エリアを担当し、主に表具店や内装工事店さまとお取引をしています。
商材の販売はもちろん、納品や実測、打ち合わせなど仕事内容はさまざま。
施工現場にトラブルやスケジュールの乱れはつきものですが、
そんな時こそ柔軟かつ誠実な対応力が求められます。
いかに日頃からお客様とコミュニケーションをとり、
しっかりとした信頼関係を築くことができているか。
お客様は、私たちの人柄や仕事ぶりをきちんと見てくれていますので、
まずは自分のことをよく知ってもらい、
相手のことをもっと理解したいという気持ちが大切だと思います。
「インテリア好き」はもちろん、「人が好き」ならぜひ当社へ。
一日のスケジュール
スケジュール

小売事業部

写真

いつからでも成長!可能性が広がります。

(インハウス久永 with LIVING HOUSE 2013年入社 齋藤日佐子)

小売部で8年前から派遣社員として販売・接客を行っていました。
2013年1月に正社員となり、現在は小売部インハウス久永 with LIVING HOUSEの店長として人・物・金の動向などすべてのマネジメント、商品セレクトに関わっています。
当社には少人数でチームを作って動く制度があるのですが、派遣社員時代に
チームリーダーを経験。 その時に社長の思いに触れることもできました。
「共に成長します」という経営理念に感銘を受け、 どんな状況からも人は成長できると思えたのが
正社員の話を受ける決定打に。
実際、店舗を任されるようになってグンと視野が広がり、気付くことも多くなりました。
以前は自分のことばかり考えていたのが、今は誰かのために動くことが楽しい。
それはお客様であったり、共に働くスタッフであったり。ちょっとした変化ですが、
自身の成長を感じています。
接客業でのやりがいは、やはりお客様からの「ありがとう」の言葉。
「インハウス久永 with LIVING HOUSEに行けばインテリアの今が分かる」と言ってもらえるよう、仕事に励む毎日です。
私は当社で初めて販売・接客を経験しました。
自分には難しい、と思うことを飛び込んでやってみることも大切。
皆さんもぜひ自分の可能性を広げてください。
一日のスケジュール
スケジュール

ダイコク事業部

写真

お客様のために自分が出来ること。

(ダイコク鹿児島南店 2008年入社 山元洋之)

ダイコク鹿児島南店に立ち上げから参加。店長として3年目になりますが、
常に勉強と成長の日々です。
入社のきっかけは、 小売部のオシャレな空間で働きたいと思い参加した
説明会。社長の話を聞くうち、自分には営業が向いているんじゃないかと
感じて営業希望で試験を受けました。
高校は建築科でしたし、建築に関わる仕事に大きな興味があって。
入社後1カ月の研修を経て、宮崎営業所に4年間勤務。ダイコクへの事業展開を聞き、自ら志願しました。
何か新しいチャレンジがしてみたかったんです。
内装材の営業とは異なり、 扱うのは住宅設備機器や建材、木材など。
商品知識もほとんどなく、新規参入なので取引先との信頼関係も イチから構築しなくてはなりません。
仕入れや品出し、店頭接客…それら一つひとつが私のチャレンジでした。
こんな風に若手にドンと任せてくれるのが当社の魅力。能力やセンスより、熱意や考え方を重視して、
結果だけでなく日々の取り組みを評価してくれる会社です。
目標はダイコク事業部を大きくし、多店舗化すること。
いつか独立採算制にしてダイコクの社長になる野望もあり。私のチャレンジもまだまだ続きます!
一日のスケジュール
スケジュール
マイナビ2019 STYLISH KARE INTERNATIONAL
お問い合わせ
inhouseHISANAGA

〒891-0123
鹿児島県鹿児島市卸本町8-16

Email:jinji@inhouse.co.jp

099-260-2165